通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ

辞書:文化用語の基礎知識 文学編 (LLITE)
読み:アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ
外語:Ernest Miller Hemingway 英語
品詞:人名
2002/08/19 作成
2009/07/02 更新

米国の作家。

18歳で新聞記者となるが、世界大戦の勃発とともに欧州へ渡る。戦後、新聞の通信記者としてパリに移り住み、作家活動をはじめた。

  • 1926(大正15)年: パリで発表された処女長編「日はまた昇る」で文壇の第一線に浮かび上がる

    その後、「武器よさらば」「誰が為に鐘は鳴る」等の数々の名作を発表。

  • 1952(昭和27)年: 老人と海を発表。最高傑作と言われる。
  • 1954(昭和29)年: ノーベル文学賞を受賞

    受賞理由は「彼の物語芸術の支配を老人と海によって証明し、現代の様式に影響を及ぼした」である。

  • 1961(昭和36)年7月2日: 鬱病に苦しみ、アイダホの自宅で猟銃を口に当て自殺
関連する用語
老人と海
ノーベル賞

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club