通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

イェソド

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:イェソド
外語:Yesod 英語
品詞:その他地名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

カバラにおけるセフィロートの木の第九番目のセフィラで、"基礎" を意味する。月に関連して生命の基本となる、象徴の領域である。いわゆるアストラル界

ケテルから流れ出した光は、イェソドによって安定して固化され、エーテル状の半物質半霊体として形成される。ここから更に降下したところにあるのが物質世界である。

アッシャー界ではイェソドは真実の鏡である月の物質を通じて表わされる。イェツィラー界では受胎作用である火の霊魂で、ブリアー界では受胎と誕生という作用に関連してガブリエルによって導かれる。アツィルト界では生命の至高王であるシャダイ・エル・カイイムによって支配される。

四大元素の風に対応し、月に対応する。

関連する用語
アストラル界
カバラ
四大元素
生命の樹

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club