通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

今上天皇

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:きんじょうてんのう
品詞:名詞
2004/09/23 作成
2014/05/28 更新

現在の天皇を表わす語だが、誤用である。

歴代の天皇は「明治天皇」「大正天皇」「昭和天皇」のように呼ばれるが、これはお隠れになった後に贈られる追号である。

従って、平成の御代の天皇のことは「平成天皇」とは呼ばず、正しくは「今上」または「今上陛下」とお呼びする。

さて、本来は「今上」という言葉だけで現在の天皇を意味するので、「今上天皇」だと重言になってしまう。

しかし、追号を与えられた過去の天皇たちと並べる際に「今上」、あるいは追号を与えられた天皇と同様に尊称を付けて「今上陛下」として並べると「明治天皇、大正天皇、昭和天皇、今上(陛下)」となってしまい、並びが良くない。このため、「今上天皇」と呼ぶのが一般化してしまっているのである。

天皇に対する敬称は「陛下」であるが、既述の通り「今上天皇」とは本来誤用であるため、「今上天皇陛下」とは言わない。このような使い方をする際は「天皇陛下」あるいは「今上陛下」と言う。

天皇が御隠れになってから、まだ追号が付けられていない間は「大行天皇」と言う。

関連する用語
天皇
天皇陛下
大行天皇

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club