通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

出雲国の物語

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:いずものくにのものがたり
品詞:名詞
2005/10/20 作成

日本神話のうち、須佐之男命(スサノオノミコト)が高天原を追放され、出雲国で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治して結婚するまでと、須佐之男命の子孫の大国主神稲羽の素兎(因幡の白兎)の物語から出雲を統治するまでが描かれる物語。出雲地方を舞台とし、古事記の上巻に記された神話群であり、出雲神話ともいう。

須佐之男命は高天原の物語で語られる、天岩戸伝説として知られる重大事件を起こした。このため遂に高天原から追放され、出雲国(現在の島根県)の肥河の河上、鳥髪の地に降り立った。

歩いていると民家から夫婦の泣き声が聞こえて来た。訊くとこの地には恐ろしい大蛇、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)がおり、娘は大蛇の生贄になるという。その娘は奇稲田姫(クシナダヒメ)といった。その娘を見た須佐之男命、彼女に一目惚れしてしまった。そこで、彼女を嫁に貰う条件で大蛇退治を約束した。

機転の働く須佐之男命、8つの樽に酒を満たし大蛇が来るのを待った。そして酒を飲み干し酔い潰れたところで首を切り刻み、遂に退治したのである。その時に尾より得られた天叢雲剣(草薙剣)は天照大神へと献上され、須佐之男命と天照大神は和解をしたという。

須佐之男命は奇稲田姫と結婚し、須賀(現在の島根県雲南市大東町須賀(旧・大原郡大東町須賀)に宮を建てて暮らしたとされる。この宮は現在の須賀神社とされる。

時は流れ、後半の主役は六代目の子孫、大国主神である。ある時、因幡国(いなば; 現在の鳥取県)へ美しい八上比売(ヤガミヒメ)がやってきた。その後、彼女に恋い焦がれる大国主神の兄ら、八十神(ヤソガミ)達も来た。

兄達は兎に出会った。この兎は洪水で島に流され、鮫を騙して本土へと渡ろうとしたが、怒った鮫に皮を剥がされてしまったのである。兄は海水を掛けよと兎に述べたが、兎の傷は更に酷くなった。その後現われた大国主神もこの兎に出会い、身体を川で洗い蒲の穂を体に付けるよう教え、兎の傷は無事に治癒した。兎は喜び大国主神は八上比売と結ばれると予言し、後に二柱は恋に落ち結婚することになる。これが稲羽の素兎(因幡の白兎)伝説である。

さて、八上比売を弟に取られた兄達は嫉妬に狂い、再三大国主神を殺害した。何度蘇っても殺されるため、これに堪え兼ねた大国主神は、先祖の須佐之男命が住む地底深い黄泉の国、冥界の根の堅洲国(かたすくに)へと逃げた。

ここで須佐之男命から数々の試練を与えられ、そして須佐之男命の娘である須勢理毘売(スセリビメ)と恋に落ち、遂に結ばれた。二人は須佐之男命より支配者の象徴である太刀と弓を受け取り再び地上界へと戻った。そして悪しき兄らを倒し、少彦名神(スクナヒコナノカミ)や大物主神(オオモノヌシノカミ)と共に葦原中国の国作りを行ない、出雲国を統治し、国を栄えさせたのである。

この物語は、次の「国譲り」へと続く。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club