通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

天御中主神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:アメノミナカヌシノカミ
読み:アマノミナカヌシノカミ
品詞:名
2005/10/21 作成
2010/02/04 更新

日本神話において、天地開闢の際に、八百万の神に先駆けて高天原に現われた造化三神の一柱で、至高神。

天地・万物の中心の神。天(高天原)の中心におわす神、の意。

なお天御中主神と書かれるのは古事記であり、日本書紀では天御中主尊(アメノミナカヌシノミコト)と書かれる。

性別のない神である。

造化三神

古事記によれば、まず最初に高天原に出現した神とする。

後に現われた神産巣日神(カミムスビノカミ)高御産巣日神(タカミムスビノカミ)と加えて造化三神と呼ばれるが、すぐに姿を消したとされる。

神の子孫

天御中主神から幾世代か経て天照大神、そして天神御子(神武天皇)を経て、天皇家に血縁が繋がるとされる。

由来

支那での扱い

支那(道教)では天皇大帝と呼ばれ、北極星である。

記紀での扱い

この神は、最初の神とされる重要な立場にありながら、古事記や日本書紀に殆ど記述がない上に、古典にも殆ど登場しない。

このため、日本古来の祭祀や信仰から生まれた神ではなく、支那の道教の影響を受けて成立したものではないか、とする説が有力である。

誕生の推察

天御中主神は、道教における北極星信仰から生まれたと考えられる。

そして支那における神格化された北極星の名「天皇大帝」が、日本における「天皇」の語源になったとも考えられている。

天御中主神(天御中主尊)を祀る神社はいくつかある。

東京都中央区日本橋に社殿を構える水天宮は、平家ゆかりの、安徳天皇・二位の尼・建礼門院を祀るが、更に天御中主神を祀っている。子授け、安産祈願に広大無辺のご神徳あり、とされる。

秩父三社の一つ秩父神社(知知夫神社)でも、八意思兼命(思金神)、知知夫彦命、秩父宮雍仁親王と共に、天之御中主神は祀られている。ここでは、天之御中主神は宇宙創造神、北斗七星の神、そして妙見菩薩ともされている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club