通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

天璽瑞宝

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:あまつしるしのみずたから
品詞:固有名詞
2005/10/26 更新

神道における十の神宝。饒速日命(ニギハヤヒノミコト)が天降りするときに須佐之男命(スサノオノミコト)より授かったという。

先代旧事本紀によると、天璽瑞宝は次の通り。

  1. 羸都鏡(おきつかがみ)
  2. 辺都鏡(へつかがみ)
  3. 八握剣(やつかつるぎ)
  4. 生玉(いくたま)
  5. 死反玉(まかるかえしのたま)
  6. 足玉(たるたま)
  7. 道反玉(みちがえしのたま)
  8. 蛇比礼(へみのひれ)
  9. 蜂比礼(はちのひれ)
  10. 品物比礼(しなじなのもののひれ)
用語の所属
神道
関連する神
須佐之男命

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club