通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

威音王如来

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教神仏編 (LFOLKEBN)
読み:いおんのう・にょらい
品詞:名
2005/04/06 作成

妙法蓮華経 第七巻の "常不軽菩薩品第二十" で説かれる仏(如来)。響き渡る声を持った王の意。

その昔、離衰(りすい)という時代の大成(だいじょう)という国にいた仏。最初の威音王が亡くなりし後、二万億の仏が現われ、それらはみな同じく威音王を名乗ったとされる。

用語の所属
仏教
如来
関連する用語
妙法蓮華経

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club