通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

安居

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:あんご
品詞:名詞
2005/04/06 更新

釈迦が存命の頃、僧侶は雨季に外出を控え寺にこもり修行生活をした。これを安居ないし雨安居といった。

現在の僧堂は年中 "安居" であるので、一年を半分にわけ、二月から七月までを雨安居、八月から翌一月までを雪安居と呼んでいる。

用語の所属
仏教
関連する用語
雨安居
修行

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club