通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

安田国継

辞書:文化用語の基礎知識 戦国時代編 (LHMIDAGE)
読み:やすだ・くにつぐ
外語:YASUDA Kunitsugu 英語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

生年没不詳。明智光秀家臣。

光秀は織田信長を討つために本能寺に向かう途中の沓掛で小休止をとり、夜中の食事をとった。しかし、未だ兵に謀反を知らせていなかったので、もし中に一人でも光秀の行動に不審を抱く者がいて、信長にこの光秀軍の動きを密告する者が居ては拙いため、それを阻止するため、光秀は国継に先遣隊を組織して、怪しい者が居れば即座に切り捨てるように命じている。国継の名はこれ以外にはまったくと言ってもいいほど出てこないが、この様な命を受けるということは謀反をのことを打ち明けられていたか、そうでなくともかなりの信頼があったものと思われる。

山崎の合戦後、天野源右衛門と名前を改め、羽柴秀勝、羽柴秀長、蒲生氏郷に仕える。

関連する用語
本能寺の変

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club