通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

愛 (2)

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学用語編 (LFOLK)
読み:あい
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

他者を自己と同じようにいたわろうとする感情のこと。

基本的には自分自身への愛が原点にあり、究極には対象との間にいだく同一の欲求である。

ギリシャ哲学ではエロス(Eros)、アガペー(Agape)、フィリア(Philia)の三種類に分類され、それぞれ欲求の愛、隣人愛、友情を表わしている。中でもアガペーは与える愛であり、愛に答える愛であるとも言える。

仏教ではカーマ(kama)、ラーガ(raga)などと呼ばれ、愛とは渇きであり盲目的な衝動だとする。或いは慈悲であり、愛すること、愛されることが大事であるという。

儒教では仁と呼ばれ、人を愛することを表わす。孔子によれば、愛とは自分の身近なものから次第に大きなものへ、果ては国や天下にまで広がっていくべきだという。

心理学では、一般的に愛とは自分にとって価値のある対象を慕い、或いは引かれていく精神的過程であるとする。

関連する用語
アガペー
エロス (2)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club