通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

明智城

辞書:文化用語の基礎知識 戦国時代編 (LHMIDAGE)
読み:あけち・じょう
外語:Akechi castle 英語
品詞:建物名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

美濃国明智にあった城。長山城とも言う。

明智氏の居城で、『美濃国諸旧記』によれば、1342(興国3)年に明智次郎長山下野守頼兼によって開城されたとされている。

1552(天文21)年、明智光綱が城主であったときに、斎藤道三に攻められ、光綱は討死。

1556(弘治2)年、斉藤義龍が父・斎藤道三に反旗を翻すと明智氏は道三側についたため、明智城は義龍の攻撃を受けることになる。義龍軍は3,700余騎をもって攻めてきたが、明智勢は僅か380騎に過ぎず、勇戦虚しく落城。『明智軍記』によると、城主・明智光安が共に討ち果てようとしていた兄・光綱の子の明智光秀に自分の子の光春、弟・光久の子の光忠らと明智家再興を託して場外に逃れさしている。

関連する用語
明智氏
明智光安
明智光久
明智光忠

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club