通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

火明命

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ホアカリノミコト
品詞:名
2005/10/20 作成

日本神話において、天照大神の孫であり、天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)の息子。称辞は天照国照彦。

日本書紀によると邇邇芸命(ニニギノミコト)の兄である。

また別の資料とし、丹後一宮元伊勢籠神社の宮司を代々世襲する海部(あまべ)氏の系図がある。これは非常に歴史が長く、何と神代にまで遡る。この貴重な古文書は現在国宝となっている。この系図によると、邇邇芸命が降臨するよりも前、火明命は現在の近畿地方に降臨して国を造り、海部氏の祖となったとされる。

さて、この事実は実はとんでもないことなのである。皇族の地位というのは天照大神の正当な後継者だという所にあるわけだが、天皇陛下よりも更に正当な後継者が存在することになれば、それは皇室よりも、更に地位が上ということになるからである。

用語の所属
日本神話
神道
天津神
関連する神
天照大神
天忍穂耳命
邇邇芸命
関連する用語
古事記

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club