通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

熱田神宮

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:あつたじんぐう
品詞:建物名
2001/07/01 作成
2013/02/09 更新

愛知県名古屋市熱田区にある社殿。

  • 所在地: 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
  • 主祭神: 熱田大神(草薙剣の剣神)
  • 御神体: 草薙剣(三種の神器の一)
  • 社格等: 延喜式名神大社、勅祭社、官幣大社、別表神社
  • 創建: 第12代景行天皇の御代
  • 例祭: 6月5日

御神体

三種の神器の一つである草薙剣を安置する。

祭神

主祭神である熱田大神(あつたのおおかみ)とは、草薙剣を御霊代としてよせられている、天照大神である。

相殿神(あいどのしん)は5柱あり、いずれも草薙剣と縁の深い神々であり、熱田神宮はこれを「五神(ごしん)さま」と呼ぶ。以下は、熱田神宮による表記と、()内は熱田神宮による呼び方である。

  • 天照大神(あまてらすおおかみ)
  • 素盞鳴尊(すさのおのみこと)
  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)
  • 宮簀媛命(みやすひめのみこと)
  • 建稲種命(たけいなだねのみこと)

このうち、宮簀媛命、建稲種命は尾張氏の遠祖として仰がれる神々である。

日本書紀によると、668(天智天皇7)年、草薙剣が新羅人(現在の朝鮮人に繋がる民族)により盗まれるという事件があったとされる。

日本書紀には、新羅人は新羅へ逃走するも路中で暴風に遭い、戻ってきた旨が記されている。

熱田神宮には、新羅人の僧・道行が盗んだと伝えられており、この時通った門が「清雪門」とされ、これ以降、門は閉ざされたままとなっている。

清雪門には、次のような説明が立てられている。

清雪門

もと本宮の北門と伝えられ、

俗に不開門といって、かたく

閉ざされたままである。

天智天皇七年(六六八年)

故あって 皇居に留らせ

給うた神剣が、朱鳥元年

(六八六年) 再び当神宮

に収められた時、二度と

御動座なきように門を閉ざ

したという故事による。

朝鮮人が盗んだことは「故あって」として流しているが、この説明によれば、戻って以降、この門は閉ざすものとされているようである。

関連するリンク
熱田神宮
用語の所属
神道
神社
勅祭社
関連する用語
草薙剣
おおすみ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club