通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

現人神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:あらひとがみ
品詞:名詞
2006/06/01 更新

現世に人の姿で現われる神のこと。日本では天皇(天子様)がそうであり、明神(あきつかみ)の称号で呼ばれた。

現人神が人間の姿をしているのは臣民に分り易いようにするためとされ、それは神が作った仮の姿であるとされる。即ち、生物学的には紛れもなく人間であるが、しかし人間ではない存在である。

用語の所属
神道
関連する用語
天皇
明神
天子様
上御一人

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club