通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

甘利虎泰

辞書:文化用語の基礎知識 戦国時代編 (LHMIDAGE)
読み:あまり・とらやす
外語:AMARI Torayasu 英語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

?〜1548(天文17)年。備前守。武田信虎の代からの重臣で板垣信方と共に「職」を務める。

武田信虎から「虎」の字の書下しを受けている。武田晴信(信玄)による父信虎追放劇の時には、晴信擁立派の中心的人物となる。それ以降も若き晴信を支え、晴信に戦の駆け引きを伝授している。合戦では常に飯富虎昌と先陣を競う猛将で、敵軍から恐れられており、戦場で「甘利隊前へ!」とかけ声がかかっただけで敵が退散したとの史実があるぐらいである。『甲陽軍鑑』でも「用兵、采配、駆け引きの妙は武田家中でも右に出るものはなし」と絶賛され、他にも「猛り狂う野牛を野に放つがごとく」「采配ぶりはまことに見るべきものありて」と評されている。

1548(天文17)年、上田原の合戦にて信方とともに戦死。この戦い以降晴信は不敗の名将に成長していったので、彼は身をもって晴信への軍事教育の総仕上げをしたとも言える。

衆議院議員の甘利明は彼の子孫である。

関連する用語
甘利昌忠
板垣信方
武田信虎
武田晴信

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club