通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

芥川也寸志

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・作曲家編 (LMCOMP)
読み:あくたがわ・やすし
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

1925(大正14)年東京に生まれ、1989(平成元)年東京に没した現代作曲家。文豪芥川竜之介の三男。戦前は橋本国彦に近代和声学および対位法を、下総皖一および細川碧に対位法を師事する。学徒動員のため1944(昭和19)年に戸山学校軍楽隊に入隊、教育総監賞を得る。戦後は東京藝術大学にて伊福部昭氏に師事、音楽的バックボーンを完成する。代表的なアマチュアオーケストラとして知られる新交響楽団の育成に大きく貢献。日本作曲家協議会会長、サントリー音楽財団理事、日ソ音楽協会運営委員長ほかの役職を歴任。

代表作は弦楽のための三楽章「トリプティーク」、交響管弦楽のための音楽、エローラ交響曲、チェロとオーケストラのためのコンチェルト・オスティナート他。映画音楽の作品も数多く、「赤穂浪士」などが有名。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club