通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

阿毘達磨

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:あびだつま
外語:abhidharma 梵語
品詞:固有名詞
2005/04/07 更新

"ダルマの研究" を意味し、転じて悟りの法を論じた書物のこと。梵語(サンスクリット語)でabhi(対)+dharma(法)から、対法とも呼ばれる。

仏教では三蔵のうちの第三の聖典で、論蔵のこと。アビダルマとも言う。

用語の所属
仏教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club