通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学用語編 (LFOLK)
読み:あたま
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

"人間だけは地に立ち、頭を天に向けている" とアリストテレスが言ったように、頭部はしばしば人間と天界とを結び付ける宇宙観を象徴していた。

また生物の持つ主要気管は頭に集中しているため、頭部は古くからアイデンティティを象徴するものとされる。そのため化粧や仮面をすることは、別な存在への変身を意味していた。

首をはねることは現実的にも象徴的にも完全な死を表わすため、しばしば既に死亡した死刑囚の首を改めて切ることも行なわれていた。また逆に、死んだ人間が、なおも頭部だけは生きて会話したという伝説も残されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club