通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

つくばみらい市

辞書:国土用語の基礎知識 日本地理・関東編 (EGJPT)
読み:つくばみらい・し
外語:Tsukubamirai City 英語
品詞:市
2005/02/22 作成
2012/03/20 更新
2014/05/13 迄有効

記事の有効期限について

この記事は、2014/05/13に有効期限が切れています。

この記事は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

茨城県つくばみらい市。茨城県の南部、つくば市の南に位置する市。

2006(平成18)年3月27日、筑波郡の1町1村(伊奈町・谷和原村)が合併して誕生した。これに伴い所属自治体のなくなった筑波郡は消滅した。当初の合併計画では水海道市も含まれていたが、離脱している。

基本情報

項目の有効期限について

この項目は、2014/05/13に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

  • 地域: 関東地方
  • 面積: 79.14km²(伊奈町45.54km²、谷和原村33.6km²)
  • 人口: 44,889人・15,949世帯(2010(平成22)年4月1日現在)
  • 市役所所在地: 〒300-2341 茨城県つくばみらい市福田195、代表電話0297-58-2111 (伊奈庁舎・旧伊奈町役場)
  • 地方公共団体コード(市区町村コード): 08235-0
  • 市長: 片庭正雄(2010(平成22)年5月14日就任、1選目)

通信

象徴

  • 市花: 菜の花
  • 市木:
  • 市鳥: 雲雀(ひばり)
  • 市獣: 指定なし
  • 市蝶: 指定なし
  • 市魚: 指定なし
  • 市貝: 指定なし
  • 市歌: 不明

つくばみらい市の標識
つくばみらい市の標識

  • 2006(平成18)年3月27日: 市制施行、市章制定
  • 2006(平成18)年11月1日: つくばみらい市民憲章、市の花・木・鳥制定

地勢

水系として、市西部に小貝川、鬼怒川がある。

小貝川周辺は低地が広がっており、水田が多く作られ、集落地が点在する。

市西部と市東部は丘陵地で、市街地やゴルフ場が作られている他は山林となっている。

大字

住居表示は実施されていない。

区内の主な大字は次の通り(ほぼ50音順)。

  • あ行
    • 青木 (あおき)
    • 青古新田 (あおこしんでん)
    • 足高 (あだか)
    • 新戸 (あらと)
    • 板橋 (いたばし)
    • 伊丹 (いたみ)
    • 市野深 (いちのふか)
    • 伊奈東 (いなひがし)
    • 弥柳 (いよやなぎ)
    • 大和田 (おおわだ)
    • 押砂 (おしずな)
    • 小島新田 (おじましんでん))
    • 鬼長 (おにおさ)
    • 小張 (おばり)
  • か行
    • 神住新田 (かすみしんでん)
    • 加藤 (かとう)
    • 上小目 (かみおめ)
    • 上島 (かみじま)
    • 上長沼 (かみながぬま)
    • 上平柳 (かみひらやなぎ)
    • 川崎 (かわさき)
    • 神生 (かんのう)
    • 北袋 (きたぶくろ)
    • 北山 (きたやま)
    • 絹の台 (きぬのだい)
    • 小絹 (こきぬ)
  • さ行
    • 坂野新田 (さかのしんでん)
    • 山王新田 (さんのうしんでん)
    • 山谷 (さんや)
    • 下小目 (しもおめ)
    • 下島 (しもじま)
    • 下長沼 (しもながぬま)
    • 下平柳 (しもひらやなぎ)
    • 重右衛門新田 (じゅうえもんしんでん)
    • 十和 (じゅうわ)
    • 城中 (じょうちゅう)
    • 杉下 (すぎした)
    • 善助新田 (ぜんすけしんでん)
  • た行
    • 高岡 (たかおか)
    • 田村 (たむら)
    • 台 (だい)
    • 樛木 (つきぬき)
    • 筒戸 (つつど)
    • 寺畑 (てらはた)
    • 戸崎 (とさき)
    • 戸茂 (とも)
  • な行
    • 中島 (なかじま)
    • 中原 (なかはら)
    • 中平柳 (なかひらやなぎ)
    • 長渡呂 (ながとろ)
    • 長渡呂新田 (ながとろしんでん)
    • 成瀬 (なるせ)
    • 仁左衛門新田 (にざえもんしんでん)
    • 西楢戸 (にしならど)
    • 西の台 (にしのだい)
    • 西の台南 (にしのだいみなみ)
    • 西丸山 (にしまるやま)
    • 日川 (にっかわ)
    • 野堀 (のぼり)
  • は行
    • 東栗山 (ひがしくりやま)
    • 東楢戸 (ひがしならど)
    • 平沼 (ひらぬま)
    • 奉社 (びしゃ)
    • 福岡 (ふくおか)
    • 福田 (ふくだ)
    • 福原 (ふくわら)
    • 古川 (ふるかわ)
    • 豊体 (ぶたい)
    • 武兵衛新田 (ぶへえしんでん)
    • 細代 (ほそしろ)
  • ま行
    • 真木 (まぎ)
    • 狸穴 (まみあな)
    • 南 (みなみ)
    • 南太田 (みなみおおた)
    • 箕輪 (みのわ)
    • 宮戸 (みやど)
    • 狸渕 (むじなぶち)
  • や行
    • 谷井田 (やいた)
    • 谷口 (やぐち)

隣接する自治体

  • 北: 茨城県つくば市
  • 東: 茨城県龍ヶ崎市
  • 南: 茨城県取手市、守谷市
  • 西: 茨城県常総市

運輸交通

主な道路

自動車専用道路
一般国道
  • 国道294号
  • 国道354号
地方道
  • 茨城県道3号つくば野田線
  • 茨城県道19号取手つくば線
  • 茨城県道46号野田牛久線
  • 茨城県道127号谷田部小張線
  • 茨城県道130号常総取手線
  • 茨城県道133号赤浜谷田部線
  • 茨城県道210号谷田部藤代線
  • 茨城県道211号高岡藤代線
  • 茨城県道220号島名福岡線
  • 茨城県道328号谷井田稲戸井停車場線

道の駅

市内に道の駅はない。

鉄道

飛行場

市内に飛行場は無い。

議会(つくばみらい市議会)

項目の有効期限について

この項目は、2016/02/29に有効期限が切れています。

上記期日以前は事実でしたが、現在では正しくない記述を含む可能性があります。

2012(平成24)年3月1日現在、市議会議員、定数18名、現役18名。

任期2012(平成24)年3月1日〜2016(平成28)年2月29日

  • 無所属: 14名
  • 公明党: 2名
  • 日本共産党: 2名

国政選挙

  • 衆議院比例代表: 北関東ブロック
  • 衆議院小選挙区: 茨城県第6区
  • 参議院選挙区: 茨城県選挙区

民度、民意

投票率は平均5〜6割である。

  • 2010(平成22)年4月26日: つくばみらい市議会議員補欠選挙、投票率47.96%(男47.21%、女48.71%)
  • 2010(平成22)年4月26日: つくばみらい市長選挙、投票率47.99%(男47.24%、女48.73%)
  • 2008(平成20)年2月3日: つくばみらい市議会議員選挙、投票率55.43%
  • 2006(平成18)年5月14日: つくばみらい市長選挙、投票率58.05%

市長

  • 初代 飯島善(旧・伊奈町長) (2006(平成18)年5月14日〜2010(平成22)年5月13日、1期)
  • 2代 片庭正雄 (2010(平成22)年5月14日〜)

季節行事

  • 春 ‐ 福岡堰さくらまつり
  • 夏 ‐ 綱火、みらいフェスタ
  • 秋 ‐ 田んぼアート、商工祭
  • 冬 ‐ たこあげ大会

観光

  • 歴史公園ワープステーション江戸
  • 間宮林蔵記念館
  • 結城三百石記念館
  • 板橋不動尊(清安山願成寺不動院)

名産品

順不同。

  • 淡水真珠

「つくばみらい市」になった経緯

合併協議会の公募で、みらい市・みらい平市・小貝市・南つくば市、小委員会から筑波みらい市、合わせて5案が提出された。合併協議会はここから「みらい市」と「筑波みらい市」の二案に絞り検討、最終的に「筑波みらい市」が選定された。

次いで小委員会で「筑波みらい市」か「つくばみらい市」かで協議、「つくばみらい市」を選定したことで、協議会でそれを決定した。

しかし、伊奈側は「筑波みらい」を推したが、谷和原側は「つくばみらい」を推し、一時協議は紛糾しており、すんなりとは決まらなかった。

議論は膠着状態に陥り、一時は「じゃんけん」か「くじ引き」で決めようという提案も出されたが、「住民に説明が付かない」として却下。最後は伊奈側が折れることで、決着した。

名前の由来

この市名は首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの「みらい平駅」に由来する。支那語では「筑波未来市」か「筑波未來市」と書くことになると思われるが、漢字で書くと市名の意味不明さが更に際立つ。

元々は「水海道+谷和原+伊奈」から1文字づつ取って「みらい」だったようだが、水海道が入らない時点で、この由来としては解釈できない市名になったと言える。

なお、水海道市は結城郡石下町を編入合併して常総市になった。

恥ずかしい?

いわゆる「ひらがな市名」だが、ここまで来ると、漢字やひらがなとか言う以前に恥ずかしい。市名としてもかなり高レベルの痛さである。

伝説の「南セントレア市」と似たような問題が茨城にも飛び火することとなり、県民や現地住民も対岸の火事ではなくなってしまった。このため、住民からも市名に反対する嘆願書が殺到したらしい。

つくば市長の言葉

元祖つくば市の市長もコメントを求められ、回答に窮した。読売新聞によると市原健一つくば市市長は

よその名前について私がとやかく言うことではないが、斬新な名前ではないか。

つくばを意識し、つくばへの思いが表われていると思う。

と答えたとされる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club