通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

伊豆の国市

辞書:国土用語の基礎知識 日本地理編 (EGJP)
読み:いずのくに・し
外語:Izunokuni City 英語
品詞:市
2005/02/22 作成
2009/05/23 更新

静岡県伊豆の国市。伊豆半島の北部、つまり付け根部分に位置する田方郡の3町(伊豆長岡町・韮山町・大仁町)が合併し、2005(平成17)年4月1日に市政施行して誕生した。

基本情報

一般情報

項目の有効期限について

この項目は、2013/04/25に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

  • 地域: 東海地方
  • 面積: 94.71km²
  • 人口: 50,088人・19,585世帯(2009(平成21)年4月1日現在、住民基本台帳)
  • 市役所所在地: 〒410-2292 伊豆の国市長岡340-1(旧・伊豆長岡町役場)、代表電話055-948-1436
  • 地方公共団体コード(市区町村コード): 22225-9
  • 市長: 望月良和(旧大仁町長、2005(平成17)年4月就任、2期目)

通信

  • 郵便番号: 410-22xx(旧伊豆長岡町)、410-21xx(旧韮山町)、410-23xx(旧大仁町)
  • 電話の局番: 055-9x

象徴

  • 市花: 菫(すみれ)、アヤメ
  • 市木: 梛(なぎ)
  • 市鳥: 指定なし
  • 市獣: 指定なし
  • 市魚: 指定なし
  • 市歌: 指定なし

2007(平成19)年3月発行の「第1次伊豆の国市総合計画」によると、市歌についても作詞・作曲を検討中としている。

議会

項目の有効期限について

この項目は、2013/04/19に有効期限が切れています。

上記期日以前は事実でしたが、現在では正しくない記述を含む可能性があります。

2009(平成21)年4月19日実行選挙現在、区議会議員、条例定数24名、現役22名。

所属党派等不明。以下、全議員(50音順)。

  • 無所属
    • 秋田清
    • 天野佐代里
    • 板垣紀夫
    • 大沢秀光
    • 後藤眞一
    • 柴田三智子
    • 鈴木照久
    • 鈴木平一郎
    • 鈴木幸雄
    • 土屋紀男
    • 土屋源由
    • 鳥居松彦
    • 萩原眞琴
    • 古屋鋭治
    • 松下善洋
    • 水口成男
    • 水口哲雄
    • 渡邊俊一
  • 公明党
    • 山下孝志
  • 日本共産党
    • 高橋公一
    • 田中正男
    • 三好陽子

民度、民意

投票率は平均6割で、投票率は平均的な市である。

  • 2009(平成21)年4月19日: 市長選挙、投票率66.51%(男64.49%、女68.35%)
  • 2009(平成21)年4月19日: 市議会議員選挙、投票率66.53%(男64.51%、女68.36%)

運輸交通

主な道路

  • 伊豆中央道(国道136号バイパス)
  • 修善寺道路
  • 伊豆スカイライン
  • 国道136号
  • 国道414号
  • 静岡県道19号伊東大仁線
  • 静岡県道80号熱海大仁線
  • 静岡県道129号韮山伊豆長岡修善寺線
  • 静岡県道130号伊豆長岡三津線
  • 静岡県道131号古奈伊豆長岡停車場線
  • 静岡県道132号韮山反射炉線
  • 静岡県道133号韮山韮山停車場線
  • 静岡県道134号静浦港韮山停車場線
  • 静岡県道135号田原野函南停車場線
  • 静岡県道136号函南停車場反射炉線
  • 静岡県道137号原木停車場線
  • 静岡県道139号原木沼津線
  • 静岡県道400号大仁停車場線

道の駅

市内の道の駅は一つ。

駅名沿線道路所在地電話番号
伊豆のへそ国道414号伊豆の国市田京195-20558-76-1630

鉄道

空港

市内に空港は無い。

隣接する自治体

  • 北: 静岡県田方郡函南町
  • 東: 静岡県熱海市
  • 南: 静岡県伊豆市
  • 西: 静岡県沼津市

地勢

伊豆半島の北部、田方平野のほぼ中央に位置する。

東は箱根山系、西は城山、葛城山などに囲まれている。

平野部は南北に狩野川が貫流し、田園地帯が広がっている。

この地域は古くから伊豆の国と呼ばれた。明治になると韮山県となり、すぐに足柄県となり、そしてまたすぐに、足柄県は分割され旧伊豆の国のみ静岡県に併合された。

そして明治の大合併、昭和の大合併を経て田方郡の3町となり、平成の大合併により遂に伊豆の国市となったのである。

市名

いわゆる、ひらがな市名である。支那語では「伊豆国市」または「伊豆之国市」と書くことになる。

隣接する「伊豆市」と名前が似ていて混同しやすいが、別の市である。最終候補では伊豆北条市もあったが、これが10票、伊豆の国市が12票となり、2票差でこの名前が選定された。

ひらがな以前に名称としてもかなりのレベルなので、「痛い地名」にも名を連ねている。

関連するリンク
伊豆の国市役所
用語の所属
日本国
東海地方
ひらがな市名
痛い地名

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club