通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

秋田南バイパス

辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・東北編 (EWLH)
読み:あきた・みなみバイパス
外語:Akita-Minami bypass 英語
品詞:固有名詞
2004/06/22 作成

国道7号秋田南バイパス。秋田市の市街地を避けることを目的に、より海側に作られたバイパス。秋田県秋田市浜田字境川〜秋田市川尻町字大川反の臨海十字路の延長8.5km。

1975(昭和50)年に事業化されてから部分供用されてきたが、2003(平成15)年3月15日に暫定2車線で全線供用された。

秋田市浜田で現道と別れ、大森山公園の西側を直進、陸上自衛隊演習場をかすめた後、旧雄物川をカーブを描く臨海大橋で渡り、秋田市川尻町で再び現道と接続する。

この道路には風力発電機が存在し、これを利用して融雪装置などを稼働するようになっている。

JR羽越本線の新屋駅前を通る国道7号が現道だが、将来的には秋田南バイパスが国道7号の本線となり、現道は旧道となり県道に降格されるものと思われる。

関連するリンク
周辺の地図
道路の所属
国道7号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club