通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

秋田臨海バイパス

辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・東北編 (EWLH)
読み:あきた・りんかいバイパス
品詞:固有名詞
2004/07/02 作成

国道7号秋田臨海バイパス。別名、秋田北バイパス。秋田市の駅前市街地を避けることを目的に、より海側の旧雄物川沿いに作られたバイパス。

これが現在の国道7号現道である。

この秋田臨海バイパスに対する旧道は現在、国道13号とも接続する茨島〜旭南1までが市道(?)、旭南1〜山王十字路〜高清水公園〜臨海道路入口までの区間が秋田県道56号[主要地方道]秋田天王線となっており、ここが国道7号だった頃は "新国道" と呼ばれていた。

新というからには更なる旧国道7号も存在するわけで、その新国道に対する旧道、つまり秋田臨海バイパスからみた旧々道は、山王十字路の北の交差点で接続する市道(?)となっており、八橋経由で市街地などを通り、臨海道路入口交差点の手前で新国道と合流する。この旧々道沿いには秋田城址や護国神社、あるいは秋田少年鑑別所などがある。

関連するリンク
VOL.03/国道の謎あれこれ
周辺の地図
道路の所属
国道7号
関連する道路
秋田南バイパス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club