通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

秋葉原

辞書:国土用語の基礎知識 日本地理・関東東京編 (EGJPTM)
読み:あきはばら
外語:akihabara 英語
品詞:その他地名
2007/06/26 作成
2012/03/05 更新

東京都千代田区にある世界最大の電気商店街である。通称は「アキバ」。

電子パーツなどは今も昔も変わらず売られているが、それ以外は時代の変遷を色濃く反映した。

アマチュア無線が流行した頃には無線機器の販売店が軒を並べていた。サトームセンなど、今も残る○○無線という名の店は、昔は本当に無線機屋だった。

その後パソコン街へと変貌し、そして携帯電話屋も増え、現在はオタク街と言ったほうが正しい状態になっている。

範囲

秋葉原、アキバというのは明確な定義のある地名ではない。従って、それが示す範囲については未定義である。

基本的には秋葉原駅と中央通りを中心に、西は昌平橋通り、東は国道4号昭和通りまで、南は神田川、北は蔵前橋通りまで、というのが一般的である。

実用

アキバは、アマチュアからプロまで、様々な人が商品を求めて集まってくる。

パソコンパーツや電子部品類を集めるには、世界でも秋葉原を超える街はない。このため、北朝鮮支那からも、軍事機器を作るための部品を求めて買い出しに来る者がおり問題になっているらしい。

オタク

秋葉原通は、散在するジャンク屋や中古屋など、他の街には真似できない怪しげなショップの魅力に引き付けられる。

また変なジュースが自販機で出まわるのが早い点なども通の心をくすぐっている。

変なジュースの例
変なジュースの例

かつて、アキバ系オタクは二次コンロリコンだけかと思われていたものだが、近年はメイド喫茶なる風俗店が建ち並ぶようになり、必ずしもそうではないことが明らかとなった。

アキバの夜

電気街、商店街とは言っても、どこの店も閉まるのが早い。概ね20時前後には閉まってしまう。

かつては深夜営業する飲食店や飲み屋は殆どなく、21時を過ぎれば車通りもまばらになり静寂に包まれた。

最近では、中央通りに吉野家ができるなど深夜営業の飲食店の進出もあり、昔ほど寂しくはなくなった。それでも深夜にはアキバらしい買い物ができる店は皆閉まっているため、昼間とは別の世界となる。

台東区秋葉原

ちなみに秋葉原という地名は「台東区秋葉原」として現在も昭和通り蔵前橋通りの交差点の付近に存在する。

電気街からはかなり離れており、かつては寂しい倉庫街となっていたが、つくばエクスプレスに関する再開発事業の影響でブロックを貫く道路の補助319号線が造られたことで、人通りが増えた。

このブロックの蔵前橋通り側には、天体望遠鏡を扱う「スターベース 東京店」がある。

秋葉原の地名は、その昔、この地に火除けの秋葉神社(あきばじんじゃ)が鎮座していたことにちなんでいる。そのためかつては秋葉原は「あきばはら」、「あきばっぱら」などと呼ばれていた。

明治の御代、ここに鉄道が通され貨物鉄道駅が設置されることとなり、秋葉神社は1888(明治21)年に現在の上野駅の北東徒歩10分、台東区松が谷3-10-7へと移転された。神社に建てられた「御由緒」によると、「秋葉原の駅名も当社名にその因を発する」とされている。

かくして秋葉原駅が作られたが、あろうことか駅名の読み方が「あきはばら」となったことにより、現在の「あきはばら」という(本来ならば誤った)読みが定着した。今でも秋葉原の愛称として「アキバ」というのは、本来の読みに則したものである。

こうして明治から大正にかけて、交通の便の良くなった秋葉原は商店が立ち並ぶようになる。そして戦後は神田の闇市が秋葉原の鉄道ガード下に集まるようになり、現在の電気街の元となった。

道路

再開発に伴い、道路も増えた。秋葉原は都内の他所と違い、道路は概ね格子状に造られている。

ブロックごとに断絶しているため一本の道路で隅々まで、という訳にはいかないが、秋葉原の特徴的な街並みを作っている。

南北の道路

西から東に向かって、代表的な道路を一覧化する。

東西の道路

北から南に向かって、代表的な道路を一覧化する。

  • 蔵前橋通り
  • 練塀通り・補助323号線(補助線街路第323号線) (東京タイムズタワー北の街路)
  • 神田明神通り・補助324号線(補助線街路第324号線)(特別区道千台第4号) (秋葉原UDXと秋葉原ダイビルの間、ザコン前の街路)
  • 補助325号線(補助線街路第325号線)(特別区道千第698号) (ヨドバシカメラの北の街路)
  • 佐久間河岸通り(環状第2号線)(特別区道千第715号) (書泉ブックタワー前の道路)

代表的な店舗

古くより秋葉原に軒を構える有名店舗などに、次のようなものがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club