通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

首都高速神奈川線

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・都市高速道路編 (EWHX)
読み:しゅとこうそく・かながわせん
外語:K: Kanagawa Line 英語
品詞:固有名詞
2004/04/21 作成
2016/09/09 更新

首都高速道路にかつて存在した、神奈川県内を走る路線に適用される料金圏と、その料金圏内の路線の総称。

首都高速道路株式会社では単に「神奈川線」と呼んでいた。

項目の有効期限について

この項目は、2017/03/18に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

具体的な路線は次の通りである。

謎の欠番(K4)高速磯子線に与えられる予定だったが、本牧JCT改良により、作られる可能性はほぼ無くなった。

(K4) は、現在工事中の高速横浜環状北線に使われるという噂がある。

距離制料金

後述する料金圏は2012(平成24)年1月1日00:00(31日@666)に廃止され、距離制料金に移行した。

料金は、旧料金圏(東京線・神奈川線・埼玉線)を一体として扱い、ETC車の普通車で500円/回(ターミナルチャージ)+100円/6km(税込)で、上限は900円である。非ETC車は一律900円(郊外の一部料金所を除く)とする。大型車は、この倍額である。

例えば東京線と神奈川線を使った場合、従来は普通車で700円+600円の計1300円だったが、これが最大900円に値下げされることになる。

旧料金圏(参考)

基本料金

かつての料金圏内(神奈川線内)は、距離を問わず圏内定額であった。ただし東京線、埼玉線とは別料金であり、料金所通過の際に別料金が徴収された。

最終的な料金は2002(平成14)年7月1日改定(値上げ)で、次のとおりだった。なお、首都高は旧JHの標準に準拠しておらず、軽自動車・二輪車含めて「普通車」として高額徴収を実施している。

  • 普通車: 600円
  • 大型車: 1,200円

特定区間割

かつて特定料金区間と呼ばれた区間は、最終的に特定区間割の対象区間となった。

短距離であれば、料金が300円または500円(普通車の場合、大型車は倍)となった。

  • 特定区間割300適用
    • 羽田〜大師
    • 杉田→幸浦
  • 特定区間割300適用(ETC)
    • 浮島〜殿町
    • 浮島〜東扇島
    • 幸浦→杉田
    • 三ツ沢・横浜駅西口〜東神奈川
    • 三ツ沢・横浜駅西口・横浜駅東口〜みなとみらい
  • 特定区間割500適用(ETC)
    • 狩場・永田・花之木〜阪東橋
  • 特定区間割300+高速ダブる割適用
    • 杉田→並木
  • 特定区間割300+高速ダブる割適用(ETC)
    • 並木→杉田
  • 高速ダブる割適用(ETC)
    • 石川町・横浜公園・三渓園〜並木
関連するリンク
通行料金
用語の所属
首都高速道路
関連する用語
首都高速道路株式会社
首都高速道路公団
首都高速東京線

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club