通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

大東亜戦争

辞書:軍事用語の基礎知識 軍事システム編 (AMSYS)
読み:だいとうあせんそう
外語:Greater East Asia War 英語
品詞:固有名詞
2009/05/07 更新

日清戦争‐日露戦争‐第一次世界大戦‐満州事変支那事変(日中戦争)と50年間続いた戦争や事変の延長上にある戦争

第二次世界大戦の一部でもあり、日本がアジア太平洋地域において戦った二つの戦争、つまり支那と戦った支那事変と、アメリカ・イギリスら連合軍と戦った戦争を合わせた、日本側の公式名称である。

うち、第二次世界大戦となる対連合国戦の期間は、1941(昭和16)年12月8日(真珠湾攻撃)〜1945(昭和20)年8月14日(ポツダム宣言受諾)とされるが、これのアメリカ側の呼称は「太平洋戦争」である。

戦争

戦争とは喧嘩である。喧嘩と同じく、戦争にも必ず理由がある。

学校教育では「太平洋戦争」と学び、日本人が悪いことをしたと学び、現日本国政府も何十年間も謝り続けているが、これは全て間違いである。

戦争などいうものは、いかなる理由があれ愚行に他ならないが、しかし当時の日本が戦争に突入せざるをえなかった状況というものが存在した。従って、日本だけを悪とするのは、公平なものの見方ではない。

「喧嘩」は両成敗されるべきなのであり、負けた方のみを悪とするのは、偏った考え方である。

開戦の理由

具体的な開戦理由は、アメリカが日本の挑発を目的とし、石油の禁輸をしたことに始まる。日本は今も昔も石油を輸入に頼っているため、生きるために自尊自衛の戦争をせざるをえなかった。

結果としてこの戦争は、アジア独立の切っ掛けを作った戦争となり、世界史を大転換させることになった。戦争は自衛戦争であり解放戦争であり、そして太平洋とアジアを賭けて日本の帝国主義とアメリカ合衆国の帝国主義とが衝突した戦いとなる。

こうして行なわれた日本海軍の真珠湾攻撃から、この戦争は開始されたとされている。しかし実際にはそこに至る経緯というものも存在し、当時の時代背景の検証なくして大東亜戦争を語ることはできない。

閣議

呼称「大東亜戦争」は閣議決定されたもので、当時の日本政府、現日本政府共通の公式名称である。

大本営政府連絡会議は1941(昭和16)年12月10日に「今次戦争ノ呼称並ニ平戦時ノ分界時期等ニ付テ」を協議し、12日に以下を閣議決定した。

  1. 今次ノ対米英戦争及今後情勢ノ推移ニ伴ヒ生起スルコトアルヘキ戦争ハ支那事変ヲモ含メ大東亜戦争ト呼称ス
  2. 給与、刑法ノ適用等ニ関スル平時、戦時ノ分界時期ハ昭和十六年十二月八日午前一時三十分トス
  3. 帝国領土(南洋群島委任統治区域ヲ除ク)ハ差当リ戦地ト指定スルコトナシ。但シ帝国領土ニ在リテハ第二号ニ関スル個々ノ問題ニ付其他ノ状態ヲ考慮シ戦地並ニ取扱フモノトス

検閲と名称の変更

日本の敗戦後、GHQによって情報は厳しく検閲され、大東亜戦争という呼称も禁止される。

日本のみが悪で連合国は絶対正義、というGHQ側の都合を強制するため、日本の都合による呼称は真っ先に検閲の対象となった。

歴史の真実は、戦争に勝った者に、都合の良いように書き換えられるのである。

現在

現在、一部を除いては、マスコミ、歴史教科書、政治家、いずれにおいても殆ど、この呼称を用いていない。

  • アメリカは「太平洋戦争」と呼ぶ。
  • マスコミ、歴史教科書、政治家も、上に従い「太平洋戦争」と呼ぶ。
  • サヨクは「アジア太平洋戦争」と呼ぶ。
  • 読売新聞は近年「昭和戦争」と呼び始めた。

GHQから開放されてからは名称も戻すべきであったが、GHQによって国内に増やされたサヨク、共産主義者らの影響もあり、遂にできぬまま今に至っている。

更に2006(平成18)年には、左傾化著しい読売新聞により「昭和戦争」なる新語が造語された。

しかし、過去の歴史を鑑みる場面において、戦争の名前を変えて呼ぶというのは、その戦争を正しく思い起こそうという態度では無いのではないか、という意見もある。

現日本政府の見解

第166回国会(常会)における定義についての質問主意書

平成十九年一月二十六日提出 質問第六号

大東亜戦争の定義等に関する質問主意書

提出者 鈴木宗男

大東亜戦争の定義等に関する質問主意書

一 大東亜戦争の定義如何。

二 太平洋戦争の定義如何。

三 大東亜戦争と太平洋戦争は同一の戦争か。

右質問する。

上の質問者は新党大地の鈴木宗男、下回答者は自由民主党の安倍晋三内閣総理大臣である。

平成十九年二月六日受領 答弁第六号

内閣衆質一六六第六号 平成十九年二月六日

内閣総理大臣 安倍晋三

衆議院議長 河野洋平 殿

衆議院議員鈴木宗男君提出大東亜戦争の定義等に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

衆議院議員鈴木宗男君提出大東亜戦争の定義等に関する質問に対する答弁書

一について

昭和十六年十二月十二日当時、閣議決定において「今次ノ対米英戦争及今後情勢ノ推移ニ伴ヒ生起スルコトアルヘキ戦争ハ支那事変ヲモ含メ大東亜戦争ト呼称ス」とされている。

二について

「太平洋戦争」という用語は、政府として定義して用いている用語ではない。

三について

「太平洋戦争」という用語は政府として定義して用いている用語でもなく、お尋ねについてお答えすることは困難である。

かくして、現政府も、正式名称と認めるは「大東亜戦争」である。

開戦前

以前

この戦争以前より、白人たちによる白人至上主義、有色人種差別が存在していた。

結果として欧米諸国によるアジア侵略と植民地化という時代が続き、有色人種は白人より搾取され、奴隷として使われたのである。

これに業を煮やした大日本帝国は1919(大正8)年2月13日、国際連盟に人種差別撤廃条項を盛り込むよう提出したが、これは呆気なく否決された。黄色人種や黒人の、酷く虐げられた生活は続いたのである。

イギリス、オーストラリアが反対するが、閣議では11対5と賛成多数となった。しかし議長のアメリカがこれを採用しなかった。これは、アメリカなどは黒人奴隷を物として扱っており、そしてそれを止める気は全く無かったからである。

開戦直前

当時のアジア・太平洋地域は、辛うじて大日本帝国とタイ王国が独立を保ち、朝鮮と台湾は大日本帝国の一部だった。支那は独立こそしていたものの、欧米諸国に荒らされていた。その様な情勢下、次に狙われるのが大日本帝国であることは自明だった。

そして遂に、米国の石油禁輸、アメリカ(A)イギリス(B)支那(C)オランダ(D)によるABCD包囲で、経済封鎖等での日本攻撃が開始されたのである。

つまり日本は、「奴隷になるか戦争か」という選択肢を突き付けられたことになる。

どう見ても勝ち目は無かったが、この時日本人は、国家の、そして人間の尊厳を守るべく、争うほうを選択することになる。日本人は朝鮮人のように、すぐさま隷属を選ぶ民族とは決定的に違っていた。

アジア地域を植民地化し搾取した侵略者は欧米諸国なのであり、当時の日本もその毒牙に掛かった。日本は平和を取り返すため、自衛戦争をしたに過ぎない。当時の朝日新聞や毎日新聞(当時は日々新聞)が書いたように、絶対の生存の危機から脱出するため、生きるための聖戦だったのである。

今は勝ち目がないと分かっていても、闘わなければならない時も有るということを、日本の先人達は身を持って教えてくれた。

スローガンと戦争の方針

五族協和、八紘一宇、大東亜共栄圏のスローガンの元、欧米の苛烈な植民地支配からアジアを解放した。

現実に内地人と他の地域の人の格差は存在したが、しかし欧米諸国の様な家畜扱いは決してしなかった。それは、大日本帝国の方針だったのである。

実際に、大日本帝国の支配下にあった南鮮、台湾の現状と、アメリカの支配下にあったフィリピン、沖縄の現状を見れば、一目瞭然である。日本は併合した地域にインフラを整備し教育を施し、アメリカは植民地に粗悪品を売りつけた。

戦中

勢力を伸ばす大日本帝国のアジア地域では旧日本軍は、解放者として迎えられている。

真珠湾攻撃に端を発し、マレー沖海戦、ルソン島上陸作戦と旧日本軍は優勢であった。しかし日本軍の上層部は情報戦を疎かにしており、そのツケは末端の兵が血をもって払わざるを得なくなる。

戦況はミッドウェー海戦の敗北により変化。1942(昭和17)年8月にガダルカナル島に米軍が上陸したことを皮切りに、翌1943(昭和18)年5月にアッツ島玉砕、翌1944(昭和19)年7月にサイパン島玉砕と、戦局は悪化の一途を辿った。

そして同年10月、遂にフィリピンマバラカット基地から出撃した関大尉率いる神風特別攻撃隊(神風特攻隊)敷島隊が敵艦への体当たり作戦を敢行するに至る。これ以降、この特攻は陸海空軍における戦力の主軸となった。

停戦後

しかし、大日本帝国は負けてしまったのである。ポツダム宣言を受諾するという、条件付きの降服だった。

連合国はある程度の人数を処刑する必要があったので、日本側はそのための犠牲者を政府や軍部から供出し、連合国はこれに戦犯と言うレッテルを貼って処刑した。

条件付き降服

日本は条件付きで降伏している。日本は無条件降伏した、などと言われるが、誤りである。

当初、連合国は無条件降伏を要求していたが、日本はそれに応じなかった。なおも日本は戦い続けたため、アメリカは日本の潜在的な力を再認識し、恐れ、降伏条件を徐々に緩和した。

そして最終的に、日本軍は無条件降伏、日本国は条件付き降伏を受け入れて停戦となり、以降はGHQに占領された。

占領直後、GHQは日本の無力化に勤しんだが、情勢が変われば頼りになる相手だとも考えた。戦わず奴隷になっていれば、支那と同じ道だっただろう。

日本は確かに負けたが、しかし大東亜戦争は単純に日本が負けたわけではない。目的のうちいくつかは達成されており、半分勝ったようなものである。

今の日本

2006(平成18)年1月1日、天皇陛下は新春を迎えるにあたり「私どもは戦争で亡くなった人々のことを決して忘れることなく、この多くの犠牲の上に今日の日本が築かれたことに思いを致さねばなりません」とのお言葉を宮内庁を通じ発表している。

今の日本は、国を守るために命を賭した人々があってこそ存在するわけであり、今を生きる人々の生活は、数え切れないほど多くの犠牲の上に成り立っている。従って、祖国のために命を捧げた人々に「見せても恥ずかしくない国」にすること、これが今を生きる者の最低限の務めと考えられる。

日本は敗戦したが、国の尊厳を保ち独立国として存在し、今や世界第二位の経済大国である。これは旧日本軍の兵が、外国から一目置かれるような戦いをしたからに他ならず、更に、生き残って帰って来た者が焼け野原の日本を建て直した結果である。

殉難者

殉国・殉難された日本の礎は現在、皇居の近くにある靖国神社と全国の護国神社神道の形式で祀られている。

また、無名戦没者の遺骨については靖国神社の近くに建てられた千鳥ヶ淵戦没者墓苑という墓に収められている。こちらは形式は様々である。

靖国神社は春秋二度の大祭に天皇陛下の勅使が差遣されており、千鳥ヶ淵戦没者墓苑は毎年春に皇族の御臨席を賜わりながら、戦没者の安らかな眠りと、国の平安が祈られている。

関連するリンク
大東亜戦争 研究室
用語の所属
第二次世界大戦
該当する用語
真珠湾攻撃
大和特攻作戦
関連する用語
靖国神社

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club