通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SIGザウエルP230 (スイス)

辞書:軍事用語の基礎知識 陸上兵器編 (AGRNDARM)
読み:シグ・ザウエル・ピーにひゃくさんじゅう
外語:SIG Sauer P230 英語
品詞:固有名詞
2004/10/28 作成
2011/09/04 更新

警察や軍将校用の自衛武装用として、SIG/ザウエルが開発した中型拳銃

1977(昭和52)年、SIG/ザウエルはSIGザウエルP220を発表した。

P220は、大型で、軍用や制服警官向けだったが、その翌年、中型で、軍の高級将校の護身用や私服警官用としてP230は発表された。結果、この銃はスイス及び日本の警察の私服警官用に採用された。

デザインとしては、収まりが良いことを心懸け、シングル・ロー・マガジンとして厚みを薄くし、出っ張りの少ない、すっきりとした三角形型に仕上げられている。

ハンマー・デコッキング・レバー以外の手動セーフティを装備しておらず、安全はスライド内部に組み込まれたオートマチック・ファイアリング・ピン・ロックによって確保しているのが最大の特徴である。

撃発機構はハンマー露出式のダブル・アクションである。

P230は、マイナーバージョンアップ版のSIGザウエルP232によって1996(平成8)年に取って代わられた。

  • 開発国: スイス(ドイツ)
  • 開発所: SIGアームズ
  • 製造所: ザウエル&ゾーン
  • 口径: .380ACP
  • 全長: 168mm
  • 銃身長: 92mm
  • 装弾数: 7発+1
  • ライフリング: 6条/右回り
用語の所属
拳銃
関連する用語
SIGザウエルP230 (日本)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club