通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

安全側線

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:あんぜんそくせん
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

線路合流点にある信号機停止信号を列車が無視して通過しても、列車同士の衝突事故が起きないようにするため設置される線路。

信号機が停止信号を現示しているときに、その先のポイントが安全側線側に向くことによって、列車同士の衝突を防ぐという仕組みになっている。

単線駅では列車の同時進入が原則として禁止されているが、単線駅であっても安全側線が設置されている駅では、これが認められている。

かつては安全側線の設置が半ば義務化されていたが、安全側線に突っ込んだところで、何らかの事故は避けられないため、最近では保安装置の改良など、別の方式で安全を確保していることが多い。

関連する用語
信号機
停止
安全側線緊急防護装置

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club