通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

安全側線緊急防護装置

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:あんぜんそくせんきんきゅうぼうごそうち
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

列車が安全側線に進入したとき、関連するすべての信号機現示停止信号にする装置。

安全側線の終端付近に立っていて、これに何かが触れると作動する仕組みになっている。

国鉄内部の隠語では "ねずみ捕り" と呼んでいた。

1962(昭和37)年の三河島事故を契機に取り付けが推進され、現在ではすべての安全側線にこの装置が設置されている。

関連する用語
安全側線
信号機
現示
停止

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club