通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

流しノッチ

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道俗語・略語編 (RYOGO)
読み:ながしノッチ
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

列車が発車するとき、ノッチを1に入れて数秒で切り、少しの惰行のあと加速する運転方法。

このとき、通電状態の確認、ブレーキが緩んだかどうかの確認、空気圧、電圧、機器の異常の確認などが運転士によって行なわれている。

これは始発駅で発車するとき、分割併合をしたとき、非常ブレーキで列車を止めて再び起動するとき、運転台を変更したときに行なわれる。

特急が始発駅でゆっくり発車しているのは、このためである。

関連する用語
運転士
特急
ノッチ
ブレーキ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club