通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

特殊自動閉塞方式

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:とくしゅじどうへいそくほうしき
外語:restricted automatic block system 英語
品詞:名詞
2010/03/26 更新

単線区間向けの閉塞方式方式の一つ。

通常の自動閉塞方式では交換駅間に2編成以上の列車を入れることを前提に単線区間をいくつかの閉塞に区切っているのに対し、特殊自動閉塞方式では交換駅間には必ず1編成しか列車を入れないということを前提にシステムを簡略化してコストダウンを図ったものである。

方法

  • 交換駅間は必ず1つの区間とする
  • 駅構内は軌道回路を設置し、列車の存在が把握できるようにする
  • 駅間には軌道回路を設置しない。代わりに、
    • 駅の出入り口に短小の軌道回路を用意し、それが列車の出入りを感知することで該当区間に列車が入っているかどうかを判断する(軌道回路検知式)
    • 無線を利用してCTCと通信し、該当区間に列車が入っているかどうかを判断する(電子符号照査式)
  • 場内信号機出発信号機は自動閉塞方式と同じ理屈で設置する。必要があれば遠方信号機を設置する。

多くの非自動閉塞区間は、この特殊自動閉塞方式の登場により廉価に自動化、CTC化ができるようになり、ローカル線の保安度向上、合理化に貢献した。そのため、地方ローカル線の代名詞であったタブレット閉塞方式連査閉塞方式は急速に姿を消していった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club