通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

赤帽

辞書:鉄道用語の基礎知識 JR編 (RJR)
読み:あかぼう
品詞:商品名
2005/12/13 更新

に常駐している手荷物運搬係のこと。赤い帽子をかぶっていたため、この名がある。

1896(明治29)年に山陽鉄道が主要駅に "荷運び夫" を配置したのが始まりである。最盛期には全国の主要駅に配置されていたが、宅配便の発達によって衰退し、2005(平成17)年12月時点で岡山に存在するのみとなった。

軽自動車の運送屋である "赤帽" とは関係無い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club