通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

あけぼの

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:あけぼの
外語:AKEBONO 英語 , EXOS-D 英語
品詞:固有名詞
2003/05/16 作成
2015/04/19 更新

第12号科学衛星あけぼの。JAXAが宇宙科学研究所(ISAS))だった頃から開発していた国産オーロラ観測衛星。

基本情報

  • 所有国: 日本国
  • 打ち上げ: 1989(平成元)年2月22日08:30(@020)
  • ロケット: Μ-3SⅡロケット4号機
  • 発射台: 内之浦宇宙空間観測所
  • 質量: 295kg
  • 搭乗員: なし(無人)
  • 国際標識番号: 1989-016A
  • 衛星計画名: EXOS-D
  • 軌道: 長楕円軌道
    • 近地点: 275km
    • 遠地点: 10,500km
    • 軌道傾斜角: 75°
    • 軌道周期: 211分

仕様

  • 衛星バス: ‐
  • 設計寿命: 1年
  • 質量: 約295kg
  • 発生電力: ‐
  • 形状及び寸法
    • 4枚の太陽電池パドルの付いた八角柱型
    • 高さ100cm/対面寸法126cm
    • 30m長のアンテナ
    • 5m・3mの伸展マスト
  • バッテリー: ‐
  • 推進系: ‐
  • 通信系: ‐

観測機器

  • 磁場計測器(MGF)
  • 電場計測器(EFD)
  • 低周波プラズマ波動計測器(VLF)
  • 高周波プラズマ波動計測器(PWS)
  • 低エネルギー粒子計測器(LEP)
  • 低エネルギーイオン組成計測器(SMS)
  • 電子温度計測器(TED)
  • 放射線モニター(RDM)
  • オーロラ撮像カメラ(ATV)

沿革

項目の有効期限について

この項目は、2015/04/30に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

  • 1989(平成元)年2月22日08:30(@020): 打ち上げ
  • 2015(平成27)年4月18日: プラズマ波動観測器による最後の科学観測
  • 2015(平成27)年4月末: 停波、運用終了

宇宙科学研究所(ISAS)により開発され、1989(平成元)年2月22日に宇宙科学研究所(ISAS)のΜ-3SⅡロケット4号機によって打ち上げられた。

あけぼのの観測結果は4つの地上局、鹿児島宇宙空間観測所(日本)、昭和基地(南極)、プリンス・アルバート(カナダ)、エスレンジ(スウェーデン)で受信されていた。

打ち上げ当時は世界で唯一、オーロラの仕組みを解明するための科学衛星で、設計寿命1年でありながら26年間に渡り観測を続けることができ、その間に極域のオーロラ現象観測やバン・アレン帯(放射線帯)の変動観測において重要な成果を上げることができた。実績として、査読付き論文311件、学位論文254件(うち、博士36件)とされ、多くの科学的成果を創出することができた。

26年間は日本の観測衛星で最長を記録することとなったが、宇宙での放射線劣化(経年劣化)により観測機器の多くが既に停止していること、衛星の電源系統の劣化(寿命)に伴う高度の低下により、2015(平成27)年4月末をもって遂に運用が終了することとなった。

関連するリンク
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/akebono/
関連する用語
ISAS
Μ-3SⅡ
オーロラ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club