通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アクティブ・ロー

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:アクティブ・ロー
外語:active low 英語
品詞:名詞
2002/02/24 作成
2013/05/12 更新

負極性。電位が負の際にアクティブとなる構成のこと。

昔のTTLの入力回路は、「H」レベル入力では外部に電流が流れず、「L」レベルで外部に電流が流れる構成となっていた。

つまり、「L」レベルで入力回路がアクティブとなる設計だった。これをアクティブ・ローという。

TTL

「L」をアクティブとするのは、TTLの入力スレッショルド電圧と大いに関係がある。

TTLの電源電圧5Vなのに対し、入力スレッショルド電圧がおよそ1Vと、かなりGND側に偏っている。

この時、入力にノイズが乗ってスレッショルドを跨いでしまう危険は、「H」レベルよりも「L」レベルの時のほうが高い。このことから、対ノイズを考えると、TTLではアクティブ「L」の方がアクティブ「H」よりも有利だったのである。特にノイズの乗る率の高い接点入力などでは、この特性が重要となった。

CMOS

現在主流のCMOSではVDD÷2程度(VDDは電源電圧)がスレッショルド電圧であり、アクティブ「L」にこだわる理由は殆どない。

それでもアクティブ・ローが多いのは、TTLの頃からの名残りであるといえる。

関連する用語
負論理
アクティブ・ハイ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club