通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アセチルコリン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:アセチルコリン
外語:ACh: acetylcholine 英語 , 乙酰胆碱 大陸簡体 , 乙醯膽鹼 台灣正體
品詞:名詞
2001/04/03 作成
2016/02/10 更新

アミン類に属する神経伝達物質の一つ。専門家は「ACh」と略して呼ぶ。

情報

アセチルコリン
アセチルコリン

誘導体、関連物質の例

  • 塩化アセチルコリン (60-31-1)
  • 沃化アセチルコリン (2260-50-6)

酵素であるコリンアセチルトランスフェラーゼ(ChAT)により神経細胞内でコリンとアセチルCoAから産生され、神経終末に運ばれて神経伝達物質として働く。

末梢神経系に多く存在し、運動ニューロンと自律神経の伝達物質として働いている。筋肉を収縮させるための刺激を筋肉に与える。

記憶や認知に重要な働きをしており、大脳皮質においてアセチルコリンが減少すると、認知症(痴呆症)の一つアルツハイマー型認知症を誘発させると言われている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club