通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アフィン変換

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:アフィンへんかん
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

並行移動と線型変換(一次変換)を合成したもの。

図解
2次元の場合, たとえば,
 /a b\ による一次変換と /m\ を合成したものは,
 \c d/                  \n/
  
 /x'\     /a b\  /x\     /m\
│    │ = │     ││   │ + │   │
 \y'/     \c d/  \y/     \n/
  
と書けるが, これをダミーの次元を一つ用意することで
  
 /x'\     /a b m\  /x\     /ax+by+m\
│ y' │ = │ c d n ││ y │ = │ cx+dy+n │
 \1 /     \0 0 1/  \1/     \   1   /
  
と書ける. これがアフィン変換の式である.

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club