通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アフラトキシンM1

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・毒物編 (NSUBNP)
読み:アフラトキシン・エムワン
外語:aflatoxin M1 英語
品詞:名詞
2005/04/18 作成
2006/09/11 更新

主にナッツ類から検出される黴毒の一つで、アフラトキシン類の一つ。

分子式C17H12O7分子量328.3。CAS番号6795-23-9。

アフラトキシンM1
アフラトキシンM1

アフラトキシンB1が体内で一部M1に代謝される。現在B1により汚染された餌を与えられる雌牛の乳中から発見され、世界中で大問題となっている。

これは肝臓毒であり、肝臓に対する発がん性物質である。発がん性はB1の2〜10%程度とされている。

用語の所属
アフラトキシン

黴毒
M1
関連する物質
アフラトキシンB1

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club