通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アブラナ科

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:アブラナ・か
外語:Brassicaceae 学名 , Cruciferae 学名
品詞:名詞
2005/07/01 作成
2011/11/16 更新

被子植物のうち、アブラナを代表とする一群。

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: モクレン綱 Magnoliopsida
  • 亜綱: ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
  • 目: フウチョウソウ目 Capparales
  • 科: アブラナ科 Brassicaceae

下位分類

アブラナ科の植物は全世界に約375属3200種が分布するとされている。

性質

4枚の花弁が十の字形に開くのが特徴。

油菜の花やアリッサムのほか、大根白菜キャベツ山葵、小松菜など、現在の主要な野菜の多くがアブラナ科に属している。

アブラナ科の植物にはイソチオシアネートという辛味成分が含まれているため、大根や山葵(ワサビ)、芥子(からし・マスタード)など、アブラナ科には辛い植物が多い。これらは香辛料として広く使われている。

古くはアブラナ科は十字花科(Cruciferae)と呼ばれていた。

クロンキスト分類法では、双子葉植物綱ビワモドキ亜綱フウチョウソウ目に属するが、かつての新エングラー分類法では双子葉植物綱古生花被植物亜綱ケシ目に属していた。

現在のAPG分類法では目より上については伝統的な分類を使わないため、亜綱も使われていない。

アブラナ科の植物は全世界に約375属3200種が分布する。特に北半球に多く、日本で見られる代表的な属に、次のようなものがある(50音順)。

  • アブラナ属
  • イヌガラシ属
  • イヌナズナ属
  • エゾスズシロ属
  • オオアラセイトウ属
  • オランダガラシ属
  • カキネガラシ属
  • カラクサナズナ属
  • ダイコン属
  • タネツケバナ属
  • ナズナ属
  • マメグンバイナズナ属
  • ヤマハタザオ属
  • ワサビ属
用語の所属
双子葉植物綱
関連する用語
大根
山葵

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club