通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アポクロマート

辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:アポクロマート
外語:apochromat 英語 , apochromatic lens 英語
品詞:名詞
2003/07/12 作成
2014/06/29 更新

色消しレンズの一つで、3色の焦点を揃えたタイプのレンズ色収差が非常に少ないのが特徴だが、その代わりに高価である。写真撮影などにも威力を発揮する。

通常、アクロマートではC線(赤)とF線(青)の焦点を揃えているが、アポクロマートでは更にG線(紫)の焦点位置まで揃った3色色消しを実現する。

また、厳密には3色色消しになっていなくても、各色の焦点がきわめて狭い範囲に集中している場合はアポクロマートと称することがある。

条件

3色色消しだけでなく、1色以上についてアプラナートであること、または2色以上についてアプラナートであることを条件に加えることもあるが、色消しのみを条件とするのが一般的である。

とはいえ、わざわざアポクロマートにする製品であれば、球面収差やコマ収差も、ゼロではなくても良好に補正されているのが当たり前といえる。

枚数

以前は、アポクロマートといえばレンズを3枚以上使うのが当たり前であった。

近年ではフルオライト(蛍石)、EDガラス、SDガラスなどの異常低分散ガラスの開発により、2枚構成のアポクロマートも作られている。

用語の所属
色消しレンズ
関連する用語
アクロマート
色収差

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club