通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アマルテア

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名太陽系編 (USTLNSS)
読み:アマルテア
外語:Amalthea 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

木星の第5衛星。発見されている衛星のうち、内側から3番目の小さな衛星で、ガリレオ衛星よりも内側の内惑星の一つ。1892(明治25)年にEdward Emerson Barnard(エドワード・エマーソン・バーナード)により発見された。

木星からの距離は181Mm、大きさは長辺が約270km、幅はその半分、質量7.17×1018

その大きさや不規則な形状から、かなり硬い物体であることが推測されている。ガリレオ衛星などよりも小惑星などに組成が近いと考えられる。その表面はイオの活火山によると思われる硫黄のせいで赤くなっている。

しかし木星探査機ガリレオの観測によると、その密度は液体の水程度しかなかった。これは、中に空洞が多いためと考えられている。

英名Amalthea(アマルテア)は、ギリシャ神話において、幼いゼウス(木星)が父クロノスから逃れている間、その育児をした山羊のニンフの名に由来する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club