通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アミノ基

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質構造編 (NSUBYS)
読み:アミノき
外語:amino group 英語
品詞:名詞
2001/03/30 作成
2007/08/30 更新

官能基の一つ。アミノ基を持つ化合物群をアミンといい、これは塩基である。

目次

「R‐NH2」を基本的な構造とする。

例えば、アニリン(C6H5‐NH2)(塩基)などがある。

生物の体内ではアミノ酸蛋白質が多くあるが、これらもアミノ基を持っている。このため、アミノ基を持つ物質は非常に多種にわたる。

アミノ酸同士は、一方のアミノ基と他方のカルボキシル基の間で脱水縮合し、ペプチド結合を構成することで結合する。

用語の所属
官能基
該当する物質
アミン
アミノ酸
関連する用語
塩基
ペプチド結合
カルボキシル基

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club