通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アミノ酸系調味料

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:アミノさんけい・ちょうみりょう
品詞:名詞
2014/06/17 作成

アミノ酸を元に作られる調味料の総称。

こんぶなどの食品の旨み成分を抽出して作られた調味料である。

次のようなものがよく使われている。

グルタミン酸ナトリウム一水和物
グルタミン酸ナトリウム一水和物

表記

原材料として表示する時は、「調味料」という一括名の後にカッコ書きで調味料の種類を書く。

アミノ酸系調味料の場合は「調味料(アミノ酸)」となる。

また、調味料(アミノ酸、核酸、有機酸、無機酸)を二種類以上使う場合は、表示では、使用量や使用目的などから代表的なものを一つ記載し、その他は「等」として記載する。

アミノ酸系調味料が主となる場合は「調味料(アミノ酸等)」となる。

定義

食品衛生法に基づく添加物の表示等について(平成22年10月20日付け消食表第377号)では、以下が、調味料のうちアミノ酸としている。

  • L-アスパラギン酸ナトリウム
  • DL-アラニン
  • L-アルギニンL-グルタミン酸塩
  • L-イソロイシン
  • グリシン
  • L-グルタミン酸
  • L-グルタミン酸アンモニウム
  • L-グルタミン酸ナトリウム
  • L-テアニン
  • DL-トリプトファン
  • L-トリプトファン
  • DL-トレオニン
  • L-トレオニン
  • L-バリン
  • L-ヒスチジン塩酸塩
  • L-フェニルアラニン
  • DL-メチオニン
  • L-メチオニン
  • L-リシンL-アスパラギン酸塩
  • L-リシン塩酸塩
  • L-リシンL-グルタミン酸塩
  • 別添1の用途欄に「調味料」と記載された添加物(アミノ酸に限る)

別添1で「調味料」のうちアミノ酸に該当するのは以下の通りである。リストでの番号を併記する。

  • 7 L-アスパラギン
  • 8 L-アスパラギン酸
  • 17 L-アラニン
  • 21 L-アルギニン
  • 112 L-グルタミン
  • 157 L-シスチン
  • 180 L-セリン
  • 204 L-チロシン
  • 252 L-ヒスチジン
  • 254 L-ヒドロキシプロリン
  • 278 L-プロリン
  • 347 L-リシン
  • 361 L-ロイシン

別添1で「調味料」のうち、アミノ酸に近いが、実際にはアミノ酸ではないものは次の通り。これをアミノ酸として表示できるのかは不明。

  • 189 タウリン(抽出物) (※正確にはアミノ酸様物質)
  • 290 ベタイン (※明確にアミノ酸ではない、アルカロイド)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club