通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アルカリ土類金属

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・用語編 (NELEMY)
読み:アルカリどるいきんぞく
外語:alkali earth metal 英語
品詞:名詞
2001/04/23 作成
2014/07/02 更新

2族金属のうち、第4周期以上、つまりカルシウム以上の原子量を持つもの。

次の元素が該当する。

と直接反応して水酸化物を生成する。保存は通常灯油中にて行なう。硫酸塩、炭酸塩は水に難溶性である。

炎色反応を示す(Ca=橙色、Sr=、Ba=黄緑、Ra=桃)。ウンビニリウムも炎色反応を示すと思われるが、今のところこの元素は発見されていない。

第2周期のベリリウム(Be)、第3周期のマグネシウム(Mg)は第4周期以上のものと性質が大きく異なるため、アルカリ土類金属に含めない。

関連する用語
2族

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club