通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アルケン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:アルケン
外語:alkene 英語
品詞:名詞
2002/09/27 作成
2013/07/16 更新

不飽和炭化水素のうち、二重結合を一つだけ含む鎖式炭化水素のこと。つまり、一価の鎖式不飽和炭化水素。一般式は CnH2n (n≧2) である。

語幹

IUPACの命名法では、語幹に -ene を付ける、つまり対応するアルカン(鎖状の飽和炭化水素)の語尾 -ane を -ene に変える。二重結合の位置は、最も小さくなるようにして番号を与える。

環状のものはシクロアルケンという。シクロアルケンの場合、二重結合の位置は1番か2番のどちらかにしかならないため、特に番号を附さないことが多い。

複数の二重結合

複数のアルケンを含む(複数の二重結合がある)場合は、数詞を応用して次のように呼び、アルケンとは区別される。

分岐

分岐や置換基を持つアルケンは、アルカンと同様に命名される。

  • 炭素数5のアルケンで、二重結合が1番目なら「ペンタ-1-エン」である。
  • 4番目にメチル基が付いた場合は「4-メチルペンタ-1-エン」である
  • 更に2番目にエチル基が付いた場合は「2-エチル-4-メチルペンタ-1-エン」である

枝は、番号が小さい方から順番に命名する。

慣用名

特に低分子のアルケンは、IUPAC命名法とは別の慣用名を持つことが多い。

  • CH2=CH2 ‐ IUPAC名「エテン」 慣用名「エチレン
  • CH3CH=CH2 ‐ IUPAC名「プロペン」 慣用名「プロピレン」
  • H2C=CHCH2CH3 ‐ IUPAC名「1-ブテン」 慣用名「エチルエチレン」
  • CH3HC=CHCH3 ‐ IUPAC名「2-ブテン」 慣用名「ジメチルエチレン」

CnH2n (n≧2)のn数ごとに、次の通り。

  • n=2 エテン C2H4 (慣用名エチレン)
  • n=3 プロペン C3H6 (慣用名プロピレン)
  • n=4 ブテン C4H8
  • n=5 ペンテン C5H10
  • n=6 ヘキセン C6H12
  • n=7 ヘプテン C7H14
  • n=8 オクテン C8H16
  • n=9 ノネン C9H18
  • n=10 デセン C10H20
  • n=11 ウンデセン C11H22
  • n=12 ドデセン C12H24
用語の所属
不飽和炭化水素
関連する用語
シクロアルケン
アルカン
アルキン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club