通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アルゴン

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編上 (NELEMN1)
読み:アルゴン
外語:Ar: Argon 学名 , Argon 英語 , Argon ドイツ語 , Argon フランス語 , Argón スペイン語 , Аргон ロシア語 , أرجون アラビア語 , 大陸簡体 , 台灣正體 , argon/o エスペラント
品詞:名詞
2001/04/12 作成
2012/10/08 更新

18族の希ガス族に属する無色の気体の非金属元素。

基本情報

一般情報

原子情報

  • 原子量: 39.948(1)
  • 電子配置:
    • 1s2、2s2、2p6、3s2、3p6
    • [Ne]3s2、3p6
  • 電子殻: 2、8、8
  • 原子価: 0
  • 酸化数: 0

物理特性

同位体

質量数は、30から53までが確認されており、その中に核異性体も存在する。安定同位体は三つある。

  • 36Ar
  • 38Ar
  • 40Ar
同位体核種天然存在比半減期崩壊崩壊後生成物
30Ar 陽子放射29Cl
31Ar β+崩壊31Cl
32Ar β+崩壊32Cl
33Ar β+崩壊33Cl
34Ar β+崩壊34Cl
35Ar β+崩壊35Cl
36Ar0.337%安定核種(中性子数18)
37Ar34.95日EC崩壊37Cl
38Ar0.063%安定核種(中性子数20)
39Ar269年β崩壊39K
40Ar99.600%安定核種(中性子数22)
41Ar1.822時β崩壊41K
42Ar32.9年β崩壊42K
43Ar5.37分β崩壊43K
44Ar11.87分β崩壊44K
45Ar β崩壊45K
46Ar β崩壊46K
47Ar β崩壊47K
48Ar β崩壊48K
49Ar β崩壊49K
50Ar β崩壊50K
51Ar β崩壊51K
52Ar β崩壊52K
53Ar β崩壊53K

安定核種に対し、質量数が大きすぎるまたは小さすぎる場合は複雑な崩壊となり、質量数が小さいと陽子放射、大きいと中性子放射が同時に起こることがある。

状態

無色無臭の気体で、不活性であり原則として他の元素と化合しない。電球真空管などの充填用ガスとして使われる。

地球大気中に微量(0.93%)含まれている。

化合物

アルゴンは希ガスで、オクテット則を満たしている。このため、長く化合物は形成しないと考えられてきた。

近年では水和物、また放電管内でAr+やAr2+、ArH+などの科学種が生成されることが明らかとなっている。

そして、7.5K(−266℃)という極低温下では、不安定ながら弗化水素付加物の、弗化水素化アルゴン(HArF)が生成されることが判明した。

危険性

  • 引火点: 不燃性
  • 発火点: 不燃性
  • 爆発限界: 不燃性

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: (該当資料なし)
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)

1894(明治27)年にイギリスの科学者Lord Rayleigh(ロード・レイリー)Sir William Ramsay(ウィリアム・ラムゼー卿)が発見した。

化学名Argonは、他の気体と化合せず不活性であることから、ギリシャ語で「怠け者」を意味するαργός(argós)から付けられた。

関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
元素
典型非金属元素
希ガス
AR
関連する用語
真空管

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club