通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アルデバラン

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:アルデバラン
外語:Aldebaran 英語 , Aldebaran/o エスペラント
品詞:固有名詞
2001/05/21 作成
2014/11/25 更新

おうし座α星(αTau)。アラビア語「あとに続くもの」を意味する。

基本情報

物理的情報

  • 絶対等級(MV): −0.69等
  • スペクトル型: K5Ⅲ C (赤色巨星) (SIMBAD)
  • 色指数
    • B-V: 1.54
    • U-B: 1.92
  • 視線速度(RV): 54.26km/s(46.9km/cBeat)±0.3km/s(0.3km/cBeat)
  • 固有運動(µ)
    • 赤経(RA): 63.45±0.84″/年
    • 赤緯(Dec): −188.94±0.65″/年

詳細情報

  • 伴星: 1個以上
    • アルデバラン B
    • (惑星または褐色矮星) (未確認)
  • 質量: (該当資料なし)
  • 半径: 約42 R
  • 光度: (該当資料なし)
  • 表面温度: 3900K
  • 年齢: (該当資料なし)
  • 金属性[Fe/H]: (該当資料なし)

主なカタログ番号

  • α Tau
  • 87 Tau
  • HIP 21421
  • HD 29139
  • HR 1457

天体系

天体名質量公転半径公転周期離心率
アルデバラン B0.15M   

惑星

アルデバラン B 以外に少なくとももう一つ、惑星または褐色矮星が存在する可能性が示唆されている。

名称

アルデバランは、アラビア語「あとに続くもの」を意味する。

これは、昴(プレアデス星団)に続いて地平線上に昇ってくるため、昴の後に続くもの、という意味で命名された。

星列

アルデバランは、次の星列を構成する星の一つである。

パイオニア10号

アルデバランは、アメリカの木星探査機パイオニア10号の進行方向に位置する恒星である。

パイオニア10号がアルデバラン付近を通過するのは、今から約200万年後となる見込みである。

用語の所属
おうし座
1等星
関連する用語
パイオニア10号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club