通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アルデヒド基

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質構造編 (NSUBYS)
読み:アルデヒドき
外語:aldehyde group 英語 , 醛基 支那語(大陸・台湾)
品詞:名詞
2001/03/30 作成
2007/02/22 更新

官能基の一つで、カルボニル基のうち、「R‐CHO」、「R‐(C=O)‐H」構造のこと(Rは基一般)。「ホルミル基」ともいう。

目次

アルデヒド基
アルデヒド基

アルデヒド基を持つ物質アルデヒドという。またこれが単糖である場合はアルドースという。

ホルムアルデヒド(H-CHO)、アセトアルデヒド(CH3-CHO)、葡萄糖(CH2OH-(CHOH)4-CHO)などがある。

アルデヒド基は酸化されやすい。アルデヒド基は酸素原子(O)を得て容易にカルボキシル基(R-COOH)に変わる。

酸化するということは、電子を放出するということで、一方で電子を受け取った物質は還元される。

このため、アルデヒドは「還元性」があると表現される。

また、アルデヒドは還元もされやすく、1価アルコールになる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club