通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アルファ反応

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:アルファ・はんのう
外語:alpha process 英語
品詞:名詞
2011/03/24 作成

恒星にて行なわれている核融合反応の一つ。

目次

恒星内で行なわれているヘリウムを元とする核融合反応(ヘリウム燃焼過程)は二つあり、そのうち一つがアルファ反応である。

この反応の起点は炭素12であり、何らかの過程で作られた炭素12が必要である。

一つヘリウム4が融合する度、原子番号が2、質量数が4増えていく。

  • 12C + 4He → 16O + γ
  • 16O + 4He → 20Ne + γ
  • 20Ne + 4He → 24Mg + γ

ネオン以上は、クーロン障壁(原子核が融合するために乗り越えなければならない電気的斥力エネルギー)が大きくなるため、通常では起こりにくい。恒星末期、恒星核の収縮に伴う温度とエネルギー密度により、ネオン燃焼過程珪素燃焼過程が発生するが、ここでネオン以上のアルファ反応が起こる。

用語の所属
核融合
ヘリウム燃焼過程
関連する用語
トリプルアルファ反応

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club