通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アントラキノン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:アントラキノン
外語:anthraquinone 英語 , antrakinon/o エスペラント
品詞:名詞
2002/10/09 作成
2007/10/13 更新

キノン類の一つ。ベンゼン環に二つのカルボニル基を持つジカルボニル化合物を総じてキノンといい、その中でアントラセンを基本骨格とするものをアントラキノンという。

  • 組成式: C14H8O2
  • 構造式: C6H4(CO)2C6H4
  • 分子量: 208.2
  • 比重: (該当資料なし)
  • 密度: 1.4g/cm³
  • 融点: 286℃(ICSC)
  • 沸点: 380℃(ICSC)
  • CAS番号: 84-65-1
  • ICSC番号: 1605
  • 化学名: 1,4‐naphthoquinone

アントラキノン
アントラキノン

アントラキノン系成分は、タデ科大黄、ユリ科アロエ、マメ科センナなどに見られる淡黄色の成分で、古くから下剤として使われてきた。現在でも一般医薬品や漢方薬を問わず、マメ科センナの成分は下剤によく使われている。

実験動物で、貧血や肝障害などの影響も確認される。変異原性については陽性陰性の両結果があるが、発がん性は陰性とされる。

しかし毒性があることは事実であり、医薬品の一部ではアントラキノンの毒性を軽減するような工夫がなされているが、草をそのまま使った薬草茶や健康食品のたぐいでは細工は期待できない。アントラキノン系成分を含有する薬草茶や健康食品については、常用ならびに多量摂取には危険性があり、注意が必要である。

安全性

危険性

  • 引火点: 185℃(密閉式)
  • 発火点: 650℃
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: 機械的刺激を引き起こすことがある
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: 水生生物に対して毒性がある

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club