通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クリミア・コンゴ出血熱ウイルス

辞書:科学用語の基礎知識 ウイルス名編 (BWNAME)
読み:クリミア・コンゴしゅっけつねつウイルス
外語:CCHF virus: Crimea-Congo Hemorrhagic Fever virus 英語
品詞:名詞
2004/11/06 更新

クリミア・コンゴ出血熱を引き起こす病原体であるウイルスの名。第5網ブニヤウイルス科ナイロウイルス属に属する1本鎖RNAウイルス

アフリカ中東部、南アフリカなどで発生する。宿主は家禽類や野性哺乳類で、ダニにより媒介される。ウイルスはBSL-4(バイオセーフティーレベル4)に分類される。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club