通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ケトン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ケトン
外語:ketone 英語 , 支那語(大陸・台湾) , keton/o エスペラント
品詞:名詞
2002/05/20 作成
2007/02/22 更新

ケトン基(R-CO-R')を持つ化合物のうち、Rが共に炭素(C)であるものの総称。

第二級アルコール酸化すると生成する物質で、アルデヒド構造異性体の関係にある。

還元性

ケトンはアルデヒドと違い酸化されにくく、還元性を持たない。

そのため第二級アルコールを酸化するとケトンになる。ケトンを酸化すると、炭素鎖が切れるような反応が起こり、これ以上は酸化されない。

物質例

次のような物質がある。

  • アセトン(CH3-CO-CH3)
  • エチルメチルケトン(CH3-CO-CH2-CH3)
  • ジエチルケトン(CH3-CH2-CO-CH2-CH3)

ケトン基を持つ単糖はケトースともいう。次のような物質がある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club